お問合せ | サイトマップ
YOKEトップ画像
 トップページに戻る
 YOKEの事業一覧に戻る
よこはま国際協力・国際交流プラットフォーム事業
 よこはま国際フェスタ2016」
 「よこはま国際フォーラム2017」
 「広報やキャンペーン」
 「よこはま国際協力・国際交流プラットフォーム事業」は運営会形式で実施されています。「よこはま国際フェスタ(以下、フェスタ)」「よこはま国際フォーラム(以下、フォーラム)」の2つのプロジェクト(事業)を基軸に事業を展開し、国際協力・国際交流・多文化共生を広く市民に伝え、参加団体間のネットワークの促進を目指しています。同時に「国際協力」と「多文化共生」の2つのテーマを主軸に広報やキャンペーンを実施していきます。
  見出し画像1「よこはま国際協力・国際交流プラットフォーム運営委員会(愛称:よこはまC-plat)」
 
<イベント形態の変遷>
1997年度 「横浜国際協力NGO祭」
1998年度~2004年度 「横浜国際協力まつり」
2005年度~2009年度  「横浜国際フェスタ」
2010年度~現在 「よこはま国際フェスタ」「よこはま国際フォーラム」

2010年度からは単一イベントの枠を超え、事業をより継続的に推進・強化するネットワークとして、「よこはま国際協力・国際交流プラットフォーム運営委員会(愛称:よこはまC-plat)」を構築し、これを主催として「よこはま国際フェスタ」・「よこはま国際フォーラム」の2つのプロジェクトを展開中です。
YOKEはこの「よこはまC-plat」の一員として、本事業を行っています。(よこはまC-platの詳細はこちら
 
よこはま国際協力・国際交流プラットフォーム(略称:よこはまCプラット)運営委員会
<構成団体> (特活)横浜NGO連絡会/(公財)横浜市国際交流協会(YOKE)/JICA横浜/
横浜市国際局/(特活)教育支援協会
事務局:(特活)横浜NGO連絡会
 2016年度のよこはまC-plat事業は、次のテーマで4つのアクションプランを掲げ、これらを柱とする横浜のまちづくりを目指します。
 
年間テーマ: 「ともに生きる横浜 ともに創る世界」
 ☆アクションプラン☆
 1.「貧困・格差・不平等・気候変動を解決する ~SDGs(持続可能な開発目標)~」
 2.「外国人とともに住みやすいまちをつくる ~多文化共生のまちづくり~」
 3.「すべての人の思いをこめて ~災害復興と防災~」
 4.「アフリカと友だちになる ~TICAD(アフリカ開発会議)開催都市、横浜から~」
 
 よこはま国際フェスタロゴよこはま国際フェスタ2016 
  よこはま国際フェスタロゴ 
開催目的    
1. 横浜市内および周辺地域に活動拠点を置く、国際協力、国際交流、多文化共生、在住外国人支援に取り組むNGO/NPO、行政機関、国際機関、学校、企業等の活動の推進と地域ネットワークの構築を図る。
2. 地域住民が主体的に参加することにより、国際協力、国際交流、多文化共生への知見を深め、将来的にこの分野で地域貢献できる人材を育成する。
3. 国際協力や国際交流の文化が根付いた活力のある地域づくりを推進する。

開催予定規模
日程: 2016年10月8日(土)・9日(日)・10日(月・祝)の3日間 10:30~16:00
場所: グランモール公園(美術の広場)西区みなとみらい3丁目
参加団体数(予定): 約100団体のNGO/NPO、学校・大学、行政、国際機関、企業 等
来場者数(見込み): 45,000人
テーマ・内容:
「ともに生きる横浜 ともに創る世界」
国際協力・国際交流・多文化共生・在住外国人支援に関わる団体の活動紹介
フェアトレード品等の物品や食品販売
食販ブース
テーマに基づいたワークショップ
民族舞踊や音楽ステージ
だがしや楽校による子どもお仕事体験
エコステーション
NGOやボランティアに関する相談
ボランティア体験


写真:よこはま国際フェスタ2015 の様子

参考ホームページ(よこはま国際フェスタ プロジェクト事務局)

 
  見出し画像2よこはま国際フォーラム2017
目的
1. セミナーやワークショップ等の開催を通し、国際協力・国際交流・多文化共生・東日本大震災復興支援等に関わる団体の活動を広く紹介する。
2. 市民の国際協力、国際交流、在住外国人支援への理解と参加を促進するとともに、学校や大学と連携し、これらの活動の担い手となる子どもや学生の育成を促進する。
3. 国際協力・国際交流の情報発信をする横浜の年間行事として定着化を図る。
4. テーマ設定に沿った講座の開講や市民社会の多様な情報発信を取り込めるプログラムの開発などを目指す。
開催予定規模
日程: 2017年2月4日(土)・5日(日)の2日間  11:00~19:30(予定)
場所: JICA横浜(予定)中区新港2丁目
参加団体数(予定): 国際協力・国際交流・多文化共生に関する活動をしているNGO/NPO・学校・大学・行政・国際機関・企業 等
前年度実績:43団体・49講座
講座参加延べ人数(見込み): 1,800人

内容
1. 国際協力・国際交流・多文化共生・東日本大震災復興支援に関わる団体による市民向け講座やワークショップ
2. 国際協力・多文化共生に関わるNGOボランティアに関する相談コーナー
3. 参加団体情報コーナー
4. ギャラリー展示 等


写真:よこはま国際フォーラム2015 主催者特別企画の様子

参考ホームページ(よこはま国際フォーラム プロジェクト事務局)

   参考ホームページ(よこはま国際フォーラム プロジェクト事務局)
 
 見出し画像2広報やキャンペーン
目的 「よこはま国際フェスタ」「よこはま国際フォーラム」の2つのプロジェクト(事業)を通して、イベント広報に留まらず、 国際協力や多文化共生に関わる広報やキャンペーンを実施していく。
テーマ 「ともに生きる横浜 ともに創る世界」
 

このページのトップにもどる 
 公益財団法人 横浜市国際交流協会(YOKE) 
〒220-0012
横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜 横浜国際協力センター5F
 TEL.:
045-222-1171(代表)FAX:045-222-1187
 サイトポリシー    個人情報保護方針     特定個人情報等の適正な取り扱いに関する基本方針 
Copyright ©YOKOHAMA ASSOCIATION FOR INTERNATIONAL COMMUNICATIONS AND EXCHANGES All Rights Reserved.