お問合せ | サイトマップ
YOKEトップページ画像
 トップページに戻る
市内の国際交流・支援情報
『Nono みつけた!僕のコトバ』チャリティー上映会/Angat
■区 分 イベント
■掲載日 2015/08/05
■内容 『Nono みつけた!僕のコトバ』チャリティー上映会/Angat

今回、毎年フィリピンを襲う巨大台風による被災地を支援するために、映画上映会を開催します。
上映会の収益の一部は、認定NPO団体ICANを通じ、毎大型台風によって被害を受けた人々への寄付金としてお送りする予定です。近年、フィリピンは温暖化の影響もあり、とくに2013年11月には超巨大台風によって多くの家屋が倒壊し、たくさんの人々が亡くなり、子ども達の学校も壊れたままです。そのためのチャリティーとしての上映会です。
この作品は、フィリピンの新進気鋭の映画監督ロメロ・トレンティーノ監督の作品であり、2011年にフィリピンの最大のインディーズ映画祭であるCinemalayaで上映された作品です。フィリピンの都市の片隅に住む少年とそのシングルマザーである母親との心温まる作品です。
フィリピン映画を日本で見る事のできるまたとない機会です。この機会にぜひご覧ください。

チケットは下記のこくちーずでも予約できますが、直接いらしてくださってもかまいません。

作品名『Nono みつけた!僕のコトバ』

■日時:9月20日(日) 14:00~16:00
■場所: 横浜開港記念会館 地図
■参加費: 中学生以上1,500円、小学生以下 無料
■定員:200人

『Nono みつけた!僕のコトバ』についてはこちらから

■主催団体:Angat (元青年海外協力隊フィリピン隊員有志などによる団体)
 E-mail

■詳細・申込み:こくちーず

映画について
フィリピン映画というと日本ではまだなじみが少ないですが、ラヴ・ディアス監督(「昔の始まり」)やブリランテ・メンドーサ監督(「キナタイ・マニラアンダーグラウンド」、「タクロブ」)など、カンヌ映画祭の常連になっている監督も多々おられます。今年の第28回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」部門はフィリピン映画特集が予定されており、現在フィリピンは第三期黄金期と言われています。

<『Nono みつけた!僕のコトバ』あらすじ>
フィリピンの下町の片隅で生きる口少年トト。彼は上唇が避ける先天性の障害で、うまくは話す事ができません。自分の名前の”トト”もうまく発音できず"ノノ”になってしまいます。トトは学校で友達の詩の朗読に感動し、自分もやってみたいと思うようになります。
そしてスピーチ大会に参加したいと思うようになるのですが…。

『Nonoみつけた!僕のコトバ』
 
公益財団法人横浜市国際交流協会(YOKE) 
横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜 横浜国際協力センター5F
TEL.:
045-222-1171(代表)FAX:045-222-1187
 サイトポリシー  個人情報保護方針    
Copyright ©2013 YOKOHAMA ASSOCIATION FOR INTERNATIONAL COMMUNICATIONS AND EXCHANGES All Rights Reserved.