お問合せ | サイトマップ
YOKEトップページ画像
 トップページに戻る
YOKEからのお知らせ
平成28年度「国際機関実務体験プログラム」(春期)YOKE研修生体験記
■区 分 その他
■掲載日 2017/05/09
■内容 平成28年度「国際機関実務体験プログラム」(春期) YOKE研修生体験記

「今、私のできる国際交流」

フェリス女学院大学 国際交流学部・国際交流学科2年 田中 恵


 私は多文化共生という言葉を初めて知り学び考えました。
 YOKEで事業ヒアリング、「よこはま国際フォーラム」、外国につながる子どもたちの学習支援、災害時語学ボランティア研修、日本語教室、「横浜に暮らす人のための日本語教室」体験研修など数多くの機会をいただきました。
 その中で「やさしい日本語」が今私のできる国際交流の形であると考えました。「やさしい日本語」とは外国人や子ども・高齢者・障がい者に向けた簡単な表現や追加情報など配慮をした言葉です。これから日本は来日する外国人が増えることを望んでいます。そのような時に日本のアイデンティティをなくすことなく、日本語話者にとって学びやすいこの言葉で私たち一人一人が人と分かち合い、寄り添うことができたらどんなにお互いに幸せでしょうか。
 私はこの言葉を自分自身が活用し、そこから今後の国際交流に期待を寄せたいと考えています。

◆「国際機関実務体験プログラム」とは
YOKEでは、市内の大学に在籍する学部生、大学院生を対象に、YOKEを含む横浜国際協力センター内に入居する国際機関はじめJICA横浜で夏・春休みに100時間、実務を体験するインターンシップを実施しています。過去のプログラム参加者の執筆による「YOKE体験記」については、以下をご欄ください。
http://infoyoke.blogspot.jp/
公益財団法人横浜市国際交流協会(YOKE) 
横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜 横浜国際協力センター5F
TEL.:
045-222-1171(代表)FAX:045-222-1187
 サイトポリシー  個人情報保護方針    
Copyright ©2013 YOKOHAMA ASSOCIATION FOR INTERNATIONAL COMMUNICATIONS AND EXCHANGES All Rights Reserved.