お問合せ | サイトマップ
YOKEトップページ画像
 トップページに戻る
市内の国際交流・支援情報
地域コミュニティ×つなぐ ~世界の人々の知恵を日本のコミュニティに~
■区 分 イベント
■掲載日 2017/08/10
■内容 国際協力/交流に興味のある方、日本の地域づくり/まちづくりに興味のあるかた参加者募集
地域コミュニティ×つなぐ ~世界の人々の知恵を日本のコミュニティに~

日本の地域コミュニティと途上国の地域コミュニティが相互に学びあうことにより、社会が発展するのではないかとの取り組みが各地で行われています。国際協力/交流に興味のある方、日本の地域づくり/まちづくりに興味のあるかたなど、ぜひお気軽にお越しください。

障害当事者×つなぐ  ~支援される人から支援する人へ~
全盲の石田由香理さんのお話を聞きます。
「障害者関係のセミナー」というと、「どう障害者を支援するか」となりがちですが、今回は全く逆で「障害者がどう支援をするのか」という話になると思います。
障害の偏見がなくなるというためになるというより、もっと端的にいえば石田さんの話を聞けば、間違いなく元気がでるお話になると思います。

障害に関心のない人にこそ聞いて欲しいセミナーです。

全盲の障害当事者石田由香理さん、「全盲」と聞くと「可哀想」だとか「弱者」だとか思うかもしれません。
「見た目」も「可愛らしいお嬢さん」という感じです。
その石田さんが、実は力強く世界で支援を行っているすごい人なのです。
「石田さんの活動の話を聞く」ももちろんですが、石田さんが頑張っていることにより、確実に元気がもらえます。
ぜひ、元気をもらいに来ませんか?

<石田由香理さんプロフィール>
国際基督大学(ICU)卒業後、2014年からイギリスのサセックス大学大学院博士前期課程で開発学について学ぶ。
その間、視覚障害者としては初めて、外務省主催のNGOインターン・プログラム(運営:公益社団法人青年海外協力協会)に採用され、
フィリピンのNGOにも勤務後、現在は、NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)職員。1歳3ヶ月から全盲。

■日時:8月19日(土)13:00~15:00 (時間にご注意ください) 募集人数:
■定員:20名  
■協力:石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)他
 
スポーツ×つなぐ  ~ラグビーを通じた国際交流~
スポーツを通じた国際交流が注目されています。
スポーツは、言葉や 文化、宗教を超えた、国際交流・理解を行なえる手段です。
スポーツを通じた国際交流を実践するラグビー元日本代表である向山昌利さんにスお越しいただき、スポーツを通じた国際交流の様子、意義やエピソードをお話いただきます。
また、現在スリランカで活動している青年海外協力隊員の伊藤悠理さんにはスカイプ参加をしていただきます。
また、奥井の方からはスポーツを通じた国際交流・協力の事業評価についても説明させていただきます。

<向山昌利さんプロフィール>
ラグビー元日本代表副キャプテン
同志社大学卒業後ワールド(現・ワールドファイティングブル)、NECグリーンロケッツを経て、 流通経済大学準教授、日本ラグビーフットボール協会普及・競技力向上委員会国際協力部門委員、一般社団法人子どもスポーツ国際交流協会代表理事など。

<伊藤悠理さんプロフィール>
早稲田大学GWラグビークラブ出身、2016年10月より青年海外協力隊としてスリランカで活動中。
Asian Scrum Projectの一員として、キャンディでラグビーの普及、育成に携わる。

■日時:8月20日(日)13:30~15:30 
■定員:20名
■協力:向山昌利(ラグビー元日本代表副キャプテ ン)他
 
『地球の歩き方』×つなぐ  ~『地球の歩き方』取材を通じて知り合った人たち~


■日時:8月26日(土)13:30~15:30
■定員:20名
■協力:川田秀文(地球の歩き方(モンゴ ル/台湾/ シルクロード/東アフリカ編など)編集責任者・写真 家)他
 詳細は、ウェブサイト で最新情報をアップしていきます。

<川田秀文さんプロフィール>
世界各国を自分の足で取材してまわる。
地球の歩き方(モンゴ ル/台湾/ シルクロード/東アフリカ編など)編集責任者・写真家、童話作家、大学講師などマルチな分野で活躍。


問合せ: 
奥井利幸(野毛坂グローカル シニアコンサルタント・代表)
ホームページ 
メール1 PEA02245★nifty.com   メール2 okui★nogezaka-glocal.com (送信時に★を@にしてください)
Facebook
電話 050-3594-2523
 
「住む人『誰もが』幸せを感じることができる地域コミュニティづくり」
をビジョンとして、横浜・野毛山でコミュニティスペース設立準備中です。
※『誰もが』の意味について:
人間誰もが「弱い部分」を持ちます。人付き合いが苦手、クヨクヨするなど、、、
その意味では、障害者、高齢者、言葉のできない外国人、子育て中で孤立する人、、
みんな同じく「弱い部分を持つ人」です。
「弱い部分を持つ『誰もが』弱い部分を踏まえた上で楽しく共生しよう」の意味で『誰も』がです。
公益財団法人横浜市国際交流協会(YOKE) 
横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜 横浜国際協力センター5F
TEL.:
045-222-1171(代表)FAX:045-222-1187
 サイトポリシー  個人情報保護方針    
Copyright ©2013 YOKOHAMA ASSOCIATION FOR INTERNATIONAL COMMUNICATIONS AND EXCHANGES All Rights Reserved.