横浜市国際学生会館は、世界と横浜をつなぐ国際交流の場

home お問い合わせ
横浜市国際学生会館WEBサイトようこそ!
  • 施設概要
  • 施設案内
  • 入居案内
  • イベント情報
  • ニュースレター
  • OBネットワーク
  • アクセス
  • リンク集
HOME > 2022年度入居者募集
2022年度入居者募集
「2022年度入居者募集案内」および申請書類は、この画面からダウンロードできるほか、学生会館および一部の入居対象校の留学生担当窓口で配布しています。
申請にあたっては、必ず「2022年度入居者募集案内」をお読みください。また、所属する学校により、学内の手続き、締切日が違いますので、学校に確認してください。 

※留学生の『面談』はありません。
※審査結果はホームページ上では発表しません。


1募集居室数(予定)
留学生(単身室)

約40室 

留学生(家族室)

9室

レジデントアシスタント
(単身室)

4室


2申請資格
留学生

1 横浜市内の大学・短期大学の学部、大学院の修士・博士課程、専修学校の専門課程のいずれかに在籍し、「留学」の在留資格を有する人(2022年4月入学見込み者を含みます)。
2 家族の範囲は、「家族滞在」または「留学」の在留資格を有する配偶者と子ども。
<資格のない人>
・聴講生、研究生、就学生、別科、専攻科等の学生
※2月/3月の『入居契約説明会』に本人が必ず出席できること。欠席の場合は、補欠入居者となります。

レジデントアシスタント

1 横浜市内の大学・短期大学の学部、大学院の修士・博士課程、専修学校の専門課程のいずれかに在籍する日本人又は永住者資格を有する学生(2022年4月入学見込者を含む)。
<資格のない人>
・留学生、聴講生、研究生、別科、専攻科等の学生

2 次の「レジデントアシスタントに期待される役割」を果たすことに対し、十分な意欲と時間のある人。
<レジデントアシスタントの役割>
・学生会館主催事業に積極的に協力、参加すること。
・留学生の自主的な交流活動をサポートすること。
・留学生が一人でも多くの友人を作れるよう、留学生同士の橋渡しを行うこと。
・日本の習慣を留学生に説明し、生活習慣からの誤解の解決に努めること。
・その他会館の運営に協力すること。
※2月/3月の『入居契約説明会』に本人が必ず出席できること。欠席の場合は、補欠入居者となります。
※面談を必ず受けること。

 


3申請書の提出期間 

2022年1月4日(火)~1月28日(金)17:00まで(必着)
※原則、学校を通して提出してください。所属する学校の手続き上、締め切りが早い場合がありますので、学校に確認してください。 


4申請書類の提出先・問合せ先
書類の提出先

〒230-0048 横浜市鶴見区本町通4-171-23 横浜市国際学生会館 入居係

申請に関する問合せ

電話:045-507-0121 Email:new.residents.yish@yoke.or.jp
受付時間:9:00~17:00
(2021年12月27日(月)・12月29日(水)~2022 年1月3日(月)・1月24日(月)は休館日のため電話による問い合せはできません)


5提出書類

「申請書類の書き方」に従い、正確に作成してください。書類は(1)から順番に並べ、左上1か所をホチキスで留めてください。


2022年度入居者募集案内
申請書類の書き方

(1)単身室・家族室使用許可申請書(第2号様式)
(2)推薦書(第3号様式)
(3)国際交流に関するアンケート及び入居についての同意書
(4)在留カード・学生証のコピーちょう付用紙(申請者用)
(5)在留カード・学生証のコピーちょう付用紙(家族用)
(6)合格決定通知の写し
 *2022年4月入学見込者のみ必要
(7)決定通知の返信用封筒
 *「2022年2月10日に確実に受け取ることのできる日本国内の住所」と「氏名」を記入して84円切手を貼る。


6入居者の決定と結果通知等
入居者は「横浜市国際学生会館入居者審査会」を経て決定されます。結果は2月9日に「決定通知の返信用封筒」に入れて通知します。また、学校へも別途お知らせします。

7面談の実施(レジデントアシスタントのみ)

■面談日時:2022年1月29日(土) 9:00~17:00(一人20分程度です)
■面談時間の確認:1月28日(金)17:00までに電話で確認してください(電話045-507-0121)。
■面談日の持参書類:学生証、合格決定通知(2022年4月入学見込者のみ必要)


8居室使用料・居室設備 
単身室:月額20,000円(面積18㎡) レイアウトを見る
家族室:月額30,000円(面積38㎡) レイアウトを見る
*敷金礼金、管理費は不要。電気代は自己負担。
*ベッド、ユニットバス、エアコン、ミニキッチン、冷蔵庫、カーテン等の設備あり。

9その他経費 
■給水給湯費(定額)単身室3,400円(月額)/家族室4,600円(月額)
■退館時居室清掃費 単身室:20,000円/家族室:30,000円
■インターネット費(年額)10,000円
■留学生会費(年額)3,000円

10 入居までのスケジュール
■入居回答期限:2月15日(火)*回答がない場合は決定を取り消します。
■入居契約説明会 *次の日程の中から学生会館が指定します。
 2月28日(月)9:30-12:00
 3月1日(火)9:30-12:00
 3月8日(火)9:30-12:00
■入居
 4月1日(金)から入居できますが、希望日を聞いて、学生会館が日時を指定します。
■入居オリエンテーション
 4月9日(土)13:00-14:30
■歓迎会
 4月9日(土)15:00~

11 入居期間
2022年4月1日から2023年3月28日まで。
入居資格を満たせばさらに1年間延長が可能です。
※ただし、清掃・施設整備の関係で入居期限が変更される場合がありますので、ご了承ください。

12よくある質問 (入居申請について)
Q. 2022年4月から横浜市内の大学に入学する予定です。申請できますか。
2022年4月に入居資格を満たす人なら申請できます。例えば、次のような人が申請できます。
*現在研究生で、4月に正規生になる予定の人
*4月に「留学」の在留資格を取得見込みの人
*現在横浜市以外の学校に通学し、4月から横浜市内の大学等に進学予定の人
 ただし、2022年4月に入学しなかった場合は、入居が決まった場合でも許可を取り消します。
Q. 国費留学生も申請できますか。
はい。国費、私費の区別なく申請できます。
Q. どのような基準で入居する人を決めますか。
留学生については、申請書類の記載内容をもとに、学力、国際交流意欲、経済状況等を総合的に評価し、入居者を決定します。
Q. レジデントアシスタントにはどんな役割が求められますか。
レジデントアシスタントに期待される役割は
①学生会館主催事業に積極的に協力、参加すること
②留学生の自主的な交流活動をサポートすること
③留学生が一人でも多くの友人を作れるよう、留学生同士の橋渡しを行うこと
④日本の習慣を留学生に説明し、生活習慣からの誤解の解決に努めること
⑤その他会館の運営に協力すること
▼従って、十分な意欲と時間のある人の申請を希望しています。留学生との共同生活は、かけがえのない経験となることでしょう。

13よくある質問 (学生会館での生活について)
Q. 会館には門限がありますか。
いいえ、門限はありません。
Q. 部屋にお客さんを泊めることはできますか。
部屋に泊めることはできませんが、臨時宿泊室というゲスト用の部屋を使うことはできます(有料)。
また、訪問者の訪問時間は、朝9時から夜10時までと決まっています。
Q. 居室にインターネットの設備はありますか。
居室及び会館内の共有スペースで利用することができます。
Q. 入居者の親睦会はありますか。
入居者全員がメンバーとなる親睦組織「留学生会」があり、さまざまなイベントを行っています。年会費は別途徴収します。


入居案内

横浜市国際学生会館
Yokohama International student house
〒230-0048 神奈川県横浜市鶴見区本町通4-171-23
TEL 045-507-0121
FAX 045-507-2441
E-mail: yish94@nifty.com
開館時間:
火曜日~土曜日 9:00~21:00
日、月、祝日 9:00~17:00
休館日:第4月曜日(施設点検日。ただし、その日が祝日にあたるときは翌日)、年末年始
english